読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初 綴る

はじめまして

ブログを書くなんて久しぶりで緊張ww。

さっそくですが、自己紹介します。
都内で働いてる25歳です。(まとめすぎ)

急ですが、
私は綴ることが嫌いです。

小学生の頃からバインダーにプリントを挟むことや日記を書いて先生に出すことが、嫌いでさぼってばかりでした。(なので、女子なのにプリクラや写真などにアルバム帳を作ったことも一度もありません。笑)

なぜって、まずめんどくさいんです。笑
これが第一です。
日記に関しては、自分の考えを人に晒すなんて、バカにされるんじゃないか?
って恥ずかしいと思ってました。(小さい頃から人の目気にしすぎ..笑)

劣等感の塊だったんでしょうね。

自分に自信がない。

自信がないから、人に合わせるという一番楽な生き方しか選択してこなかった。

うまく生きる。楽をして生きることに精一杯。
周りの人の空気を読むことに力を入れすぎて、家に帰ると、クタクタになってなにも手がつけられないのです。(ミイラとりがミイラになってるww)
できることといったら、映画見たり、ドラマみたり、本を読んだり、受動的なことしかしていなかったのです。

流れるような人生。
願わくば、早送りできないかな。
なんて虚しくて悲しい人生なのでしょう。笑

そんな私が、今回書き綴ることにチャレンジしたきっかけは、
ある日、自分の死をリアルに考える出来事があったんです。(結局、思い違いだったのですが。)

その数日間、私は自分の死について考えました。
そして、まだ何もやり残せてない。もっと自分に向き合い、人の目なんか気にせず、思うままに人生を楽しもう。と気づかされました(25歳になって気づくのが遅い)

ですが、どんなに苦しいことや幸せな出来事も忘れてしまうんですよね〜。

「あの時の気持ち」ってなかなか思い出せないことありませんか?

出来事の記憶は思い出せても、その時の気持ちは思い出せないんですー。笑

そうすると、悪いことは経験しても、また繰り返す。
いいことは、もう思い出せない。

だから、私は書き綴ることで感情の宝箱を作ろうと思ったんです。(頑張るww)

そして、その宝箱をあけておくことで、
誰かが幸せだなとか、わかるー、そっかーって思ってくれれば嬉しいのです♡

稚拙で退屈な文章ですが、徐々に成長していければと思いますので、気が向いたら読んでいただければ嬉しいです。